今注目の酸素カプセル

酸素カプセルはヘンリーの法則を応用している

通常の大気圧は1気圧で酸素濃度も約21%ですが、酸素カプセルだと普通に呼吸をするよりも供給度が上がって健康や美容効果が期待出来ます。

呼吸で摂取した酸素(結合型)は赤血球中のヘモグロビンと結合して末梢組織まで運ばれます。ただ、結合型だとヘモグロピンの量より多く運べないので取り込める量に限界があります。毛細血管は結合型よりも細いので、血管が汚れたりすると血流が悪くなりやすいです。血液や体液に分子のままで溶け込んで運ばれる溶解型は毛細血管よりも小さく通りやすいです。

溶解型は、液体に酸素分子が溶け込んでいますが、ヘンリーの法則で気圧を高めることで血液中に溶解する酸素の量を増やせます。吸入だけでは不可能で、加圧があって初めて溶解型を増やせます。酸素カプセルは、中の気圧を通常の大気圧の1気圧から、約1.3気圧程度まで上げることで分圧が上昇して溶解型を増やして使っている方の摂取量を上げます。酸素カプセルには持ち運びが出来るタイプなど色々な種類がありますが、大きく分けると3種類です。

空気加圧方式は、カプセルにコンプレッサーを接続して内部を加圧するエアチャンバー、同じく加圧式と酸素だと、エアチャンバーに高濃度酸素器を別に接続して口許で酸素吸入をします。酸素混合加圧方式は、カプセルにコンプレッサーを繋げて混合酸素で加圧し、加圧方式は大型酸素発生器を繋げて酸素だけで加圧します。高酸素カプセルは濃度を約30~50%に高めて呼吸で取り込める結合型と、空気を25~50%濃度に高めて加圧して溶解型を取り込むことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *